2018年6月23日土曜日

EEEF2018

2年に一度開催される研究集会Ecology and Evolutionary Ethology of Fishes (EEEF)に参加するためにカナダはケベック州モントリオールに行ってきました。ほぼ、同日程で国際イワナシンポも開催されていたのですが、発表できるようなイワナのデータはここ数年取っていません。。。

             会場案内は↓だけ。この手抜き感、半端ないって(苦笑)。



相変わらずのゆる~い雰囲気。
「あんた、昔うちの大学でやったとき、プレゼン賞もらってわよねー!」と声を掛けてくれる人がいたり、「KON-NICHIWA!」と握手をしてくれる人がいたりと、覚えてくれている人がいるのは嬉しいです。

で、口頭発表はちょっと前にBiological Invasionsにオンラインで論文が出た内容を話したのですが、プレゼン賞を頂いたわりに、というかいつものように質疑応答は????でした。開き直りますがnonnativeと話慣れない欧米人のペラペラ英語ってやっぱり分かりにくい!ただ、Let's talk later.といって話がかみ合わなかったところは休憩時間にコーヒー飲みながらフォローできるのがこの規模の研究集会の良い所です。「あぁ、たしかに今持ち合わせているデータでそんな解析できるな」というヒントをもらうことができました。

会場はモントリオールのダウンタウンにあるガラス張りのビルでした。フランス語圏第二位の人口(320万)というすごいのかすごくないのかよく分からないランキング上位にいるモントリオールですが、街は綺麗、清潔で歩いていて不安を感じることはなかったです。

 
食事にPubに入ると、まず「Inside?Outside?」と聞かれます。天気がいいと「Outside!」と答えてしまうのですが、大通りに面した店の場合、排ガスを浴びながらの食事になるのでちょっと失敗したなと思うこともありました。それにきっと、アクセル踏み間違えで突っ込んでくる車もいるに違いない。。。


Raw wild salmonというメニューがあったので、オーダーしてみました。「Atlantic salmon?」と訊ねると、「Yes, Atlantic. This is wild, but organic farmed」というお返事。こちらの飲食店ではorganic farmedならばwildって言っていいんですね。ホントにいいかどうかは真相不明ですが。

2018年5月21日月曜日

ロケ

とある番組のお手伝いをしているうちに、それに出演することに。そのロケが前の土曜日に行われました。

レポーターとのやりとりがあるんですが、レポーターのあのハイテンション、あれって“演技”なんですね。ロケが始まったときのレポーターさんのテンションの変わり様にちょっとびっくり。

自分の方は、もともと演技というものが大嫌いで、学芸会となると立木の役や大道具・小道具を率先してやっていたくらいですから、そのハイテンションに合わせることなんてできるわけもなく。。。。

こんなのでいいのだろうか??と思いつつ収録は進み、OKを頂きました。番組制作スタッフの皆さんも素人には無いものねだりしないのでしょうね。

月曜日は土曜日の代休だったから、日月と釣りに出掛け、帰ったらBiological Invasions誌から受理通知が届いてました。遊んでいる間に論文ができるなんてとっても得した気分です。

2018年3月21日水曜日

松前町

生態学会と水産学会の狭間に調査で松前町に来ています。札幌にいると渡島半島の先っぽは全部「函館」という気分でいるのですが、松前は半島の南西端にあり、函館と比べるとずいぶん遠いです。札幌~函館は250kmという認識でいるんですが、松前までだとカーナビには350kmと表示されていました。

新しくなった公用車のハンドルはボタンがいっぱい付いててTVゲームのコントローラーみたい。自動運転にするとアクセルから足を外せるので楽と聞きましたが、足を外したところであまり楽とは感じませんでした。速度が安定するので燃費がよい、というのはまあそうなのかな。

宿の朝食は毎日イカ刺し付き。いいもん食ってその分働け、ということなのでしょう。

 
今朝、松前城をちょこっと散策。
 
 
歴史の勉強は苦手なので、とりあえずお城を見た、ということ以外にはたいして興味もわかず。。。
 
 
お城からの眺めは綺麗。津軽半島が見えました。

2018年2月12日月曜日

趣味

魚釣りに関しては、ときに他の人に呆れられるほど好きで、間違いなく自分の趣味です。ただ、それ以外の趣味は?と言われると中途半端にかじっているものはそれなりにあるのですが、それほどやりこんでいるものはありません。あっ、でもどんなに北海道暮らしが気に入っていても野球だけは1985年からずっと阪神が大好きで、選手のシーズン成績、通算成績は念入りにチェックしています(趣味か?)。あるいは、「スポーツ観戦全般」なんてのは「無趣味の人の趣味」の代表格に思いますが、自分も好きで、盛り上がり始めた平昌オリンピックもTV観戦を楽しんでます(男子NHジャンプはいつの間にか寝落ちしてしまい、気付いたら終わってた)。

それが、最近、ボーリングによく行くようになりました。冬場、天気も悪くてすることがないときに暇つぶしと運動不足解消を兼ねてボーリング場に足を運ぶようになり、靴を一回350円で借りるくらいなら、と1足3000円でネット通販で買いました。せっかく靴を買ったんだから頑張って続けよう!なんてことは毛頭思っていなかったのですが、少しコツを掴んでスコアが伸びてくると段々楽しくなってきました。体力もついてきたようで、初めの頃は5ゲームもすれば腕がつりかけていたのですが、今は10ゲーム、20ゲームとできるようになりました。今のところ、ハイスコア201、アベレージが150から160の間くらい。これだと中級者レベルだそうです。

ちなみにこの3連休の過ごし方はボーリング、ホントはニシン狙いのチカ釣り、ボーリングでした。

2018年1月31日水曜日

ショッカーいらず?

どうも静電気体質で、冬になるといつもバチバチやっていて、火花が散ることもしばしばです。釣りをしている最中にリールを巻くと蓄電するようで、バチバチしながらハンドルを回していることすらあります。こんなんだから、もはや諦めていて特に対策もしていないのですが、最近新しく買ったシャツを着ると一層ヒドいようで、バチッ!!とすごい音がすることもあります。

この体に蓄えた電気を一度川に流してみたいもんです。人間電気ショッカー??

2017年12月9日土曜日

12月の出張

12月早々、毎年恒例の系統研で赤平市へ出張してきました。昨年同様、大雪の中での開催でみんな四苦八苦して会場へ辿り着いたようです。


発表会場は温泉施設の畳部屋を借り、懇親会&宿泊はコテージをいくつか借りて開かれました。こういったところにガヤガヤ集まって呑むのも楽しいものですね。いつもの人、新しい人、久々の人、色々な人と話ができてよかったです。

その翌週は会合に出るため、2泊3日で東京出張でした。


                 同じ日本でも赤平と随分雰囲気が違います。

帰りの飛行機は雪のせい(?)で30分出発が遅れ、千歳も滑走路が1本閉鎖されたとかでなかなか着陸させてもらえず、空港の上をグルグルと回っていました。その間、機内WiFiの漫画(ナルト1巻&2巻)にドップリとはまってしまい、もうちょっとグルグルと回っていて欲しかったです。古本屋に続き買いに行こうかな。。。

2017年11月21日火曜日

学会での使用言語

今月、International Symposium on the Discovery of Formosa Landlocked Salmon's 100th Anniversaryに参加するため、5泊6日で初めて台湾を訪れました。台湾に生息するサラマオマス発見100周年を記念したシンポジウムです。





桃園空港から台北市内への鉄道の切符がプラスチックのコインというのが衝撃!
乗るときはこれをICカードの読み取り機にかざし、降りるときは自販機に100円玉を入れる感じで、自動改札機にチャリ~ンとやる





主要な参加者は30人程度とこじんまりとしたシンポで、一番多いのは日本人、ついで台湾人、英語のネイティブ話者は3名(?)と、これまで参加してきた国際シンポや学会とはがらりと違った雰囲気でした。使用言語は英語としつつも苦しくなると日本語、中国語(台湾語?)の使用が許されるので、気楽に参加できました。ただ、これはオーガナイザーがご自身の母国語である中国語に加え、日本語と英語に堪能だったことによるところが大きいのでしょう。サラマオマス生息地である雪覇国家公園へ向かう観光バスの中でも巧みに言語を使い分けてガイドしてくださいました。

で、一番の驚きは地元高校生がシンポに参加して、英語で質問をしていたこと。最近は、日本の学会でも高校生発表のセクションを設けているので、高校生の参加自体は珍しくないのかもしれませんが、英語の講演を聴講したうえに質問までした生徒がいました。そもそも、研究発表会の質疑応答の場で発言すること自体、慣れるまで勇気のいることですが、それを高校生が英語で???畏れ入ったと同時に英語教育に対する取り組み方が根本的に違うんだろうなあ、と思いました。

シンポジウムのハイライトともいうべきサラマオマス生息河川へのエクスカーション。こちらは天気も悪く、わかってはいたことですが、許可もなかったので魚に触れることは許されず、川岸から眺めるだけ。なんだかお預けをくらったワンコみたいな気分でした。


サラマオマスは手厚く保護されているのですが、観光資源でもあるようです。分類学的には論争の真っただ中の様ですが、見た目はヤマメで、漢字表記が「櫻花鉤吻鮭」というのも納得です。
 
 
いくらなんでもこんな落ち方する奴いないと思う。。。。
 
 
帰りの飛行機はサンリオジェットでした。外装、内装、はたまた航空券までサンリオでポケモンジェットより乗るのに抵抗がありました。。。